フェイシャルヨガ : LESSON 5

人体には様々な筋肉があります。その中で意識的に動かせる主な筋肉は骨と骨をつないで動かす骨格筋、顔面の表情を変える表情筋、物を噛み砕くための咀嚼筋な どに分類されます。トレーニングなどで体を鍛えると、鍛えられた筋肉はしなやかさを取り戻し、重力に負けない引き締まった体を作る事が出来ます。ウエイト トレーニングで鍛えた体、水泳で鍛えた体、ヨガで鍛えた体など、鍛え方によっても筋肉に特徴が出てきます。これはどの筋肉をどのように鍛えていったかに関 係します。

皮膚と筋肉でつながっている表情筋は、顔の筋肉が下がりやすく、その表面にある皮膚もたるみやすい事に注目したフェイシャルヨガでは、「筋肉はいくつになっても鍛える事ができる」という筋肉の性質に注目し、筋肉を収縮させる事で、口角を上げたり、目元や眉などの小さな筋肉を動かしたり、意識的に顔の気になる部分に刺激を与えることによって、しわやたるみの予防、改善に効果が出るエクササイズを行います。

☆双眼鏡のポーズ☆

目の周りには「眼輪筋」という、目を取り囲む筋肉があります。この筋肉が衰えると、まぶたがたれて目が小さくなったり、目元のむくみ、しわ、たるみなどを引き起こしてしまいます。眼輪筋だけを使って眼を開けたり細めたりするトレーニングをしましょう。

顔ヨガ:FACIAL YOGA

人差し指で、眉が上がらないように眉を下に押さえ、眉間にしわが寄らないように横にひっぱります。親指で眼の下をロックしましょう。

☆ポイント☆
ちょうど双眼鏡を覗くような感じです

顔ヨガ:FACIAL YOGA

双眼鏡にした手はそのままで固定したまま、目だけ細めます。目をつぶってしまわず、まぶしい物を見た時のようにできるだけ細めましょう。

☆ポイント☆
眼輪筋だけをつかうように意識する

顔ヨガ:FACIAL YOGA

眉が上がらないように手でロックして、目を大きく見開きます。

☆ポイント☆
額にしわがよっていないか、鏡でチェックしましょう

☆ムンクのポーズ☆

「ムンクの顔」は、目元のたるみ、むくみなどを解消して、目をぱっちりさせるポーズです。目の周りは皮膚が薄いので、強い力で押したり、こすったりすると、たるみやしわの原因になりますが、自分自身の筋肉で眼輪筋を刺激する事によって、目元に新鮮な酸素と栄養を届けます。また、顔を大きく伸ばすので顔全体も活性化し、引き締まった小顔効果が期待できます。

顔ヨガ:FACIAL YOGA

顔は正面に向けたまま、口を「お」の形にして鼻の下を法令線が消えるようにしっかり伸ばします。

☆ポイント☆
額はリラックスしましょう

顔ヨガ:FACIAL YOGA

ゆっくりと鼻から呼吸を続けて、顔はそのままで、目線だけ上に上げます。天井を見るようにして、目の下が伸び手いるのを感じてください。

☆ポイント☆
額にしわをよせないように、目線だけを上に

顔ヨガレッスン1 を見る 顔ヨガレッスン2 を見る
顔ヨガレッスン3 を見る 顔ヨガレッスン4 を見る

フェイシャルヨガは毎朝5分間くらい行うと効果的です。
何処でも簡単にできて即効性がありますので、ぜひお試し下さい。

顔も心も体も元気になりますよ。10年若返りも夢ではありません!

Copyright © 2011 SETSUKO HINATA FACIAL YOGA FOR YOU : Photo by Masayo Benoist